思いやる言葉や異学年交流など テレビ会議でいじめ撲滅交流会

香川県と埼玉県および福岡市の3教委が連携し、小・中学生がインターネット中継を通じていじめ撲滅に向けた意見交換を行う交流会が8月22日、香川県教委の主催で実施された。児童生徒からは、朝のあいさつ運動や異学年交流会など、各地のいじめ撲滅策が報告された。話を聞く中で、「相手の顔が見えないネット上の交流のあり方を再考したい」「花一杯運動など、楽しく活動できる内容は参考になった」などの意見が語られ、互いに、今後の取り組みへの参考にしていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。