多様で深い見方から言葉を味わう 俳句教育

句作を通して物事を深く観察する心を育み、言葉への興味関心や豊かな表現力を伸ばしたいと語るのは、東京都江東区内の公立小・中学校で俳句指導を行う同区立八名川小学校の元校長・小山正見さん。同校の校長時代に実践に取り組み、一人ひとりの子どもが日常生活から言葉を紡ぎ出し、句を作り上げる喜びをつかませるとともに、句会を通して仲間同士の作品を深め合う楽しさを、今も味わわせている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。