演劇表現の意義と効果を体験 日本児童劇作の会が夏期大学開く

演劇的表現活動を通じて子どもたちの豊かな表現力や人間関係力などを育むことを目指す日本児童劇作の会が、8月4日から6日まで、第62回演劇教育夏期大学を東京都世田谷区の成城学園初等学校で開いた。同会会員の教員が各分科会で講師を務め、参加した教員らは、学級経営で活用できる劇活動や、朗読劇、人形劇、発声や演技を通して、体をほぐし、表現力を高める体験をした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。