教科化時代の道徳授業を考える 実践力育む指導を

(公財)上廣倫理財団主催の第19回道徳教育シンポジウムが東京都千代田区の日比谷図書文化館と上廣倫理財団ホールで行われた。「教科化時代の道徳教育の課題を克服するために~いま出来る道徳授業の再点検を考える」がテーマ。小学校ワークショップでは、広中忠昭千葉県柏市立豊小校長が道徳的実践力を育む指導について、櫻井宏尚福島県郡山市立開成小教諭が道徳的価値の分析や板書構成と発問の組み立てなどを通じた指導のあり方を提言。参加した教員らと今後の指導を考えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。