ものを考える楽しさ実感 魅力ある国語の授業を

「子どもは考えれば考えるほど、考えることが好きになる」――。  ことばと学びをひらく会は、さきごろ「『なぜ』から始まる国語の授業―楽しく関わる言語活動をどう創るか」をテーマに都内で第8回研究大会を開いた。魅力ある国語授業のあり方について、さまざまな議論を展開した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。