障害者スタッフ 勤務時間中に公文式学習

毎日、学習の時間を設けることで自信がつき、やる気が出た――。(株)ドコモCSの岡本孝伸総務部ハーティ推進室課長と海宝健城さんは、10月下旬に東京都品川区の公文教育研究会東京本社で行われた「障がい者就労における公文式の有効性を探る」をテーマとした第3回就労支援施設フォーラムで、14人の障がいを持つスタッフに公文式学習を導入した経緯とその効果を発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。