課題や目標をチャートで確認 学級を笑顔にする大作戦

R―PDCAサイクルやクロスカリキュラムなどを生かした協同的な探究学習の工夫で「子どもの『総合学力』を育てる」研究に取り組んでいる東京都杉並区立杉並第九小学校(福岡勤校長、児童数339人)が11月28日、研究発表会を開いた。4つのプロジェクトに取り組む「たんきゅう」では、4年2組で「学級力向上プロジェクト」と題した実践を公開。クラスをもっと笑顔にするための作戦づくりに向けて、課題や目標をチャートに示し、確認しながら話し合いを深めていった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。