気仙沼にMERRYを見つけたよ 子ども記者がインタビュー

子ども記者になって、宮城県気仙沼で笑顔のタネを探そう――。世界の子どもたちの笑顔を撮り続け、笑顔で世界を“MERRY”にしようと活動を続けているアートディレクターの水谷孝次さんのスタジオ(東京都港区)で、昨年12月23日、新聞づくりや工作、ダンスなどを体験する「まるごと『地球はメリーゴラウンド』」が行われた。「笑顔は世界をMERRYでつなぎます。地球の持続発展、ESDのタネでもあるのです」と水谷さんは話す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。