国語科で相手の思いを受けて返す

「思考力・判断力・表現力を高める対話力の育成」に向け、2年間の国語科・国語力向上の研究に取り組んださいたま市立上木崎小学校(眞嶋廣久校長、全児童数788人)が、さきごろ、公開研究発表会を開いた。国語科を中心に、対話を作る課題設定や受けて返す活動の導入など「対話力を高める授業の工夫」を意識した授業改善に力を入れた。6年生の「『鳥獣戯画』を読む」を題材にした授業では、グループで自由に対話を深めるワールド・カフェを通じて「もののよさを伝える文章の特徴」を話し合った。自他の読みを比較しながら文章の特徴の理解や読み深める力などを磨いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。