全校体制で全生徒を育てる指導を実現 目標意識し教員個々も指導力向上

さいたま市立土呂中学校(大澤光子校長、生徒数494人)は、生徒指導上の各種課題に対応するため、「全教職員による組織的対応を柱にした生徒指導・教育相談体制の充実」を目指した取り組みを昨年から推進している。▽全校ぐるみの指導体制▽全生徒を対象とした共通のルールづくりと周知▽保護者への生徒指導の取り組みの通知などを皮切りに、生徒指導部会や教育相談部会などの4部会の研究組織を立ち上げ、実践を進めている。1月16日の公開研究会では、温かく円滑な人間関係の構築と心のリラックスなどを目指し、同市独自の学び「潤いの時間」で各種エクササイズによる人間関係プログラムの授業などを行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。