幼保小中一貫教育でフォーラム 東京都墨田区教委

幼保小中一貫教育を実施している東京都墨田区教委は1月27日、成果と課題を明らかにする今年度のフォーラムを、曳舟文化センターで開いた。教員や保母らが集まった。幼保小中で俳句づくりをしたり、小・中学校教員が共通して指導する内容を共有したりといった成果が報告された。  東京下町の同区には、中学校(学校選択制を採用)が10校ある。各校が抱える課題はさまざま。その中で昨年度から、地域の課題に対応した「幼保小中一貫教育」を全区で実施。中学校区(ブロック)内の各園各校が共通のねらいのもとに連携・交流して子どもたちを育てようと取り組んでいる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。