デジタル教科書でわかる授業 機能を活用し実感伴う理解へ

佐賀県では昨春から、県内全公立高校の1年生徒全員にタブレットPC(2in1型)を配布。同様に全公立高校に整備した〝学習者用デジタル教科書〟の効果的活用も織り交ぜる中で、わかる授業と確かな学力育成を図っている。同県立佐賀西高校(平山又一校長、生徒数908人)でも、学び合いの校内研修の充実などで全教員がICTを生かした効果的な授業を行えるよう努力を続けている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。