ICT整備で21世紀型教育を実現

ICT利活用による新たな教育の模索を続ける自治体、学校現場、研究者などが集い、今後の情報教育の在り方について協議する「トッパン教育情報化セミナー」がさきごろ、東京都文京区のトッパン小石川ビルで行われた。佐賀県の全県立中・高校への電子黒板、全生徒への情報端末整備の状況や思いを福田副教育長が報告。増子知美兵庫県淡路市立大町小教諭は同市独自のICT教員研修制度や教育用デジタルコンテンツ管理システム「iTunesU」などによる個別・協働学習機会の実現などについて発表し、参加者と協議を深めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。