学級づくりロケットスタートセミナーに名教師が結集

学級・授業開きで意識し、押さえたい視点や技を提案する「学級づくり・授業づくりロケットスタートセミナー」が3月26日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で開催された。各地の名教師が結集し、学級経営のアイデアを探究し、提案する「チーム・ロケットスタート」メンバー教員が講師となり、各種講座を行った。コーディネーターの多賀一郎講師は「学級開き初日は怒鳴らない指導を」「1年間を見通した継続性ある指導を」などと指摘。飯村友和教諭は学級開き3日目までの実践アイデアとして、クラスメート間で楽しく相互親睦が可能な「友達探しビンゴ」などの活動例を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。