いじめ防止支援プロジェクトがスタート 予防や教員養成方策を探究

宮城、上越、鳴門、福岡の4教育大学は、文科省の特別プロジェクトとして、いじめ問題の克服に向けた各種支援事業や教員研修プログラムなどを連携して進める「いじめ防止支援(BP=Bullying Prevention)プロジェクト」を今年度からスタートする。各大学のいじめ研究に関するリソースを定期会合で共有化しながら、全国で生かせる共通のいじめ予防対策や各地域の実状に応じた教職員研修、教員養成プログラムなどの開発に力を入れる。国立教育政策研究所、日本生徒指導学会も後援、協力する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。