生徒1人1台のiPad活用が多様な学びの実現と意欲向上

日本最大のICT教育に関する展示会、第6回教育ITソリューションEXPO(EDIX)が、5月20日から22日まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された。会期中には、各地のICT教育の実践や校務の情報化事例などを報告する専門セミナーが行われた。タブレットPCを生かした授業例や導入経緯などを説明した東京都北区にある桜丘中・高校の品田健副校長は、「生徒たちからさまざまな活用アイデアが生まれた。学習意欲が向上した」などと成果を語るとともに「教育ビジョンを描いた上で導入を」などと、アドバイスをおくった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。