自由度の高いICT環境でアクティブ・ラーニングを生みだす

■そもそもなぜ整備するのか□
次期学習指導要領では、中教審諮問に「アクティブ・ラーニング」というキーワードが示された。アクティブ・ラーニングとは、言い換えると、「主体的・能動的な学び」のことである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。