障がい者視点でアプリ作成 GPSと連動し緊急時ヘルプ発信

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、グローバルスタンダードな障がい者サポートができる東京にしようと、障がい者の視点に立ったアプリを生み出す学生ハッカソンが6月5、6日、東京都港区六本木のシスコシステムズ合同会社で行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。