アクティブ・ラーニング 待ったなし

次期学習指導要領のキーワード「アクティブ・ラーニング」に対する関心が高まっています。関係する書籍や研究発表会に注目も集まっており、それらの書籍や研究発表会では「アクティブ・ラーニングは今までの実践の延長上である」という免罪符を与えてくれます。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。