小中一貫教育の展開でシンポ 実践の創出や系統性が重要

国研の平成27年度教育研究シンポジウムが8月24日、文科省内で開かれた。「小中一貫教育の制度化と展開」がテーマで、先導的な取り組みを踏まえ、有識者による報告やパネルディスカッションが行われた。教委や教員などの教育関係者約280人が来場し、熱心にメモをとる姿が見られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。