丁寧なグリーフケアを 学校事故に関する調査研究有識者会議

「目の前で同級生が亡くなった場合、残された友人たちへのグリーフケアを丁寧にしてほしい」「遺族が動き続けなければならないのは理不尽。原因究明の義務づけを」――。さきごろ文科省の「学校事故対応に関する調査研究」有識者会議が開かれた。同会議で、2つの事故で亡くなった遺族からのヒアリングが行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。