伝え合いや振り返りを深める 道徳授業パワーアップセミナー

道徳科の実践的な指導力を高めようと、第6回「道徳授業パワーアップセミナー」が、東京学芸大学でさきごろ開かれた。これからの道徳教育に向けた講話や新たな時代を切り拓く授業作りに関する討議などを行った。実践提案では、相互に思いを伝え、受け止め合うペアトークや、学んだことを綴り、振り返るメモリーノートへの記録の工夫などを報告。これらの工夫を織り交ぜ、ヘレン・ケラーとサリバン先生の師弟関係などを扱った授業で、「生き方」や「誠実」について自他の意見を明確化し、考えを深める授業を進めたとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。