「原発いじめ」を問う 教育創造研究センター特任研究員 長嶋清

「原発事故避難児童の受け入れには、被害児童のいじめの対応と、社会的な対応の2つが必要」と、元横浜市立小学校長の長嶋清教育創造研究センター特任研究員は指摘する。一連の原発いじめ問題から、学校や教委は何を教訓とし、実践に生かすべきかを、同特任研究員が考察した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。