「ペリー幼児教育計画」に学ぶ(上)



1962年に米国・ミシガン州で始まり、50年以上の年月がたった現在もなお追跡調査が続けられている「ペリー幼児教育計画」。幼児期に良質な教育を受けた子供は、受けなかった子供よりも成人期の収入や持ち家率が総じて高い、という調査結果は、幼児教育が人生に及ぼす影響の大きさを示した。

この計画で実践されたのが、「ハイスコープ教育研究財団」(High Scope Educational Research Foundation)が提供する「High Scopeカリキュラム」である。非認知スキルの育成を軸にしたそれは、OECDが認定する世界5大幼児教育カリキュラムの1つでもあるが、日本ではあまり知られていない。長年の研究に基づく「質の高い幼児教育」はわが国でも実践できるのか、その内容と日本での認知向上に向けた動きを追った。
ペリー幼児教育計画が示したもの

ペリー幼児教育計画は、貧困を原因に学業不振に陥る子供たちの救済策を探る中で発案された。

低収入のアフリカ系米国人家庭の子供と低IQの子供(3~5歳)計123人を2つのグループに無作為に振り分け、一方のグループのみに質の高い教育を施す試みを2年間実施した。その後、継続的に調査した結果、グループによって図1のような違いがみられた(教育を受けた=ペリー群、受けていない=比較群)。

計画を成功に導いた提案者の一人、研究者のデビット・ワイカート氏は「質の高い幼児教育を受けることは、子供の人生の可能性を豊かにする極めて効果的な方法である」と語っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。