「ペリー幼児教育計画」に学ぶ(下)



幼児期に良質な教育を受けた子供は、受けなかった子供よりも豊かな人生を享受できる可能性を示した「ペリー幼児教育計画」。いま、この計画で提供された「High Scopeカリキュラム」を日本でも広め、質の高い幼児教育を実現させようとする動きがある。ハイスコープ・ジャパンの設立に向けて尽力する子どもの発達科学研究所の和久田学主席研究員に、3月に実施した視察ツアーの様子と、同カリキュラムが持つ可能性について聞いた。




明確な根拠に基づく教師の指導

ツアーは全6日間の日程で、米・ミシガン州デトロイトを起点に、公・私立の幼稚園や特別支援学校など4施設を巡った。
カリキュラムはそもそも、一部の限られた子供に施す英才教育の類いではなく、生まれながらに社会的なリスクを背負った子供に焦点を当てたものであるため、公教育でも取り入れられている。

「構造がしっかりしているので、貧困層の子や虐待を受けている子、発達障害がある、もしくはグレーゾーンにある子供に対して特に強いと言われています」と和久田氏は語る。

いずれの施設もHigh Scopeカリキュラムを実践しているが、その運用の仕方はそれぞれ異なる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。