生徒指導のパラダイムシフトへの挑戦(上)


不登校、いじめ、暴力行為など、学校における問題行動に、教員は多くの時間を割いて対応に当たっている。しかし、打開策が見えてこないケースも多い。そうした中、広島市や岡山県総社市、宮城県石巻市などでは、「MLA」という日本版包括的生徒指導プログラムを導入し、大きな成果を上げている。開発の中心となった広島大学大学院の栗原慎二教授に、現在までの道のりと、各学校での実践と成果について聞いた。


予防的な生徒指導を目指す
――MLAを導入し、多くの学校や自治体で問題行動が激減する、学力が向上するなどの変化が現れています。MLAとはどういった実践で、これまでの生徒指導とはどう違うのでしょうか。

MLAとはMulti-level Approachの略で、日本版の包括的生徒指導です。世界ではすでに標準となっているこの指導プログラムを、日本の教育状況を踏まえてカスタマイズしたものです。

生徒指導といえば、いまだに「規律を守らせること」と思っている人が、日本には多いのではないでしょうか。加えて、いじめや不登校などへの対応も、問題行動への後追い指導ばかり。多くの教員が疲弊し、根本的な状況改善には至っていません。

子供たちが抱える問題の背景は複雑化し、経験と勘に頼って指導すればなんとかなるという時代でないことは、みんな分かってきています。……