全日中のミッション 川越豊彦新会長に聞く


2021年度から全面実施となる新学習指導要領への対応や部活動改革など、中学校の教育現場は多くの課題を抱えている。これらの課題と向き合いながら、未来の中学校教育の針路をどう定めていくのか。全日本中学校長会(全日中)の新会長に就任した東京都荒川区立尾久八幡中学校の川越豊彦校長に抱負を聞いた。




社会の変化に対応したビジョンをつくる

――会長就任に当たっての抱負は。

全日中は各都道府県の中学校長会の連合体だ。全国に約9千人の会員がいて、非常に組織力がある。この組織力を生かして、学校における教育の条件整備の推進に取り組んでいきたい。

全日中は、国に対して中学校現場の状況を伝えていく立場にある。全日中として実施しているさまざまな調査データを基に、エビデンスとなり得る現場の状況を伝えていきたい。

そのためには、9000以上ある学校現場の現状を踏まえ、情報を発信することが求められる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。