世界の教室から 北欧の教育最前線(22) 高校中退のセーフティーネット



5月の大型連休明けは、夏休み明けの9月と並んで「学校に行きしぶる」子供が増える時期だ。スウェーデンでも長期欠席や中退については古くから議論があり、現在も引き続き課題となっている。地方自治体には、生徒が20歳になるまでフォローアップし、教育や訓練などの何らかの活動を提供する「活動提供義務(KAA)」が課されている。中退などによって将来の社会的自立が妨げられることがないように、何重にもセーフティーネットが張られているのだ。そのセーフティーネットの一つとして高校中退者を受け入れているウプサラ市の「アンドラ・チャンセン」を訪れ、具体的な教育実践上の工夫を探った。




中退者のための学校

アンドラ・チャンセンは「セカンド・チャンス」という意味だ。その名が示す通り、高校中退者が再度、学校での学習に挑戦する場である。厳密には独立した学校ではなく、ある公立高校の中にある特別なセクションだ。

地図を頼りに訪問すると、川沿いの歴史ある建物にたどり着いた。思ったより大きくて驚いたが、同校が利用するのは1階だけで、2階以上は別の高校の建物だった。

1階には部屋が五つあり、スウェーデン語、英語と数学の教師3人に、校長、心理カウンセラー、職業指導担当と課外活動担当の7人のスタッフで、約40~70人の生徒を受け入れている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。