生徒指導のパラダイムシフトへの挑戦(中)



中学生の不登校出現率0.87%、検挙・補導数95%減――。岡山県総社市が2010年から始めた「だれもが行きたくなる学校づくり」(以下「だれ行き」)の取り組みは、教育関係者が途切れることなく視察に訪れるなど、注目を集め続けている。MLA研究者チームと同市が共同で取り組んできた「だれ行き」とは、どのようなプロジェクトなのか。広島大学大学院の栗原慎二教授に聞く第2回では、「だれ行き」を始めた経緯と、児童生徒や教員に現れた変容に迫る。




不登校にしない対策、非行にならない教育

――岡山県総社市が2010年から始めた「だれ行き」は、教育関係者の視察が絶えず、全国へと広がりを見せています。同市とMLA研究チームが共同で「だれ行き」を始めた経緯について教えてください。

二十数年前、岡山県総社市には学校が荒れた時期があり、1994年には市内の中学3年生が、いじめが原因であることを示唆するメモを残して自殺する事件もありました。「二度とこのようなことを繰り返さないでほしい」というご遺族からの願いを受け、総社市ではさまざまな対策を打ち出しました。

例えば、不登校対策事業は毎年20以上も実施するなど、他の地域よりはるかに力を注いできました。通常は県が配置するスクールカウンセラー(SC)も、同市では市でも独自に配置してきました。さらに、各学校にスクールカウンセリングチーフ、今で言う教育相談コーディネーターもすでに配置していました。

しかし、不登校も、暴力行為も、状況は改善しませんでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。