生徒指導のパラダイムシフトへの挑戦(下)



世界各国の生徒指導を学び、日本の学校教育に適した包括的生徒指導プログラムであるMLAを開発してきた広島大学大学院の栗原慎二教授。インタビュー最終回は、世界の教員研修と比較して見えてきた日本の教員研修制度の課題、日本が目指すべき方向性などについて聞いた。

シンガポールは年間100時間の教員研修

――MLAは教員の力量形成プログラムでもあるとのことですが、世界各国の教員研修と日本との違いについて教えてください。

 教員個人と教員集団の高い力量が、優れた実践を生むのは当然のことです。世界では研修を中心に、現職教員の力量形成が積極的に進められています。

 例えば、シンガポールでは年間100時間の研修が義務付けられています。韓国では年間60時間、香港では3年間で150時間です。これだけの時間の研修を受けないと、教員免許が失効します。国によって差はありますが、世界的には年間40~60時間が平均です。

 しかし、日本で免許状更新のために義務付けられた研修は、10年ごとに30時間、つまり年換算ではたったの3時間です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。