全連小が描く小学校教育の改革と実践 喜名会長に聞く



新学習指導要領の全面実施を目前に控え、変革期を迎える小学校教育。新たに全国連合小学校長会(全連小)の会長に就任した、江東区立明治小学校の喜名朝博(きな・ともひろ)校長は「校長の役割を今一度考えるべきだ」と話す。働き方改革や教員採用試験の低倍率化など課題が山積するなか、全連小が描く小学校教育の未来について聞いた。




教育改革が加速する節目の時期

――会長就任に当たっての抱負を。

新学習指導要領の移行期間の最終年度であるとともに、4月に示された中教審の諮問「新しい時代の初等中等教育の在り方について」の内容を読み解くと、教育改革がますます加速する節目の時期だ。

そのような転換期に校長職を務めることの意義と重大さを、今一度認識しなければならないと感じると同時に、全連小の会長としての責任は大きいと痛感している。

およそ2万人の全国小学校長の意見を吸い上げ、現場の声を文科省に届けていきたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。