規格外教師が実践する(上) 働き方改革を見直す時短術



全国学力・学習状況調査でトップクラスの成績を誇る福井県で、働き方改革と学力向上の両方を実現している若手教師がいる。坂井市立春江東小学校の江澤隆輔教諭は、前任の中学校で英語学習法「フォニックス」を取り入れた英語指導法を確立。さらに毎日午後6時前には退勤するなど、家庭と仕事を両立させ、最近は書籍の執筆にも精力的に取り組んでいる。そんな江澤教諭に仕事の進め方を聞いた(全3回)。第1回では江澤教諭が実践している時短術と、フォニックスによる授業改善に通底する「効率性」に焦点を当てる。




常に効率化を考える

――著書には、毎日午後6時に退勤していると書いてあり、驚きました。

2年前に小学校に異動してからは、もっと早く帰っています。今は午後5時半に退勤するのが普通で、むしろ6時だと遅いくらいです。

本で紹介した時短術の多くは、前任の中学校でやってきたことです。仕事にかける時間を短くし、家族との時間を増やしたり子供と関わったり趣味を充実させたりする時間を増やそうというのが主なコンセプトです。

福井の教員文化は良い意味でも悪い意味でも真面目。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。