川崎スクールバス襲撃事件 岐路に立つ学校安全(1)



川崎市多摩区でスクールバスを待つ小学生らを男が包丁で切りつけ、19人が死傷した「川崎スクールバス襲撃事件」から1週間。今、学校の安全対策が岐路に立たされている。子供の命を守るため、私たちに何が問われているのか。学校安全の専門家に取材した。第1回では、教育社会学の立場から学校安全の言説を研究する桜井淳平・筑波大学特任研究員に、持続可能な安全対策の在り方を聞いた。桜井氏は安全対策としての「地域ぐるみによる見守り」が限界にきていると指摘する。




学校側の責任を問うのは酷

――「川崎スクールバス襲撃事件」をどう捉えているか。

事件直後に加害者が死亡したため、動機などで不明な点が多いが、短時間で起きた無差別的な犯行で、非常に凄惨(せいさん)で悲しい事件だ。こうした事件を防ぐことの難しさを改めて痛感させられた。

スクールバスの乗り場には、カリタス小学校の教員が毎朝立ち会っていたことが報道で明らかとなっている。今回の事件で学校側の責任を問うのは酷だ。

これまでの登下校中の子供を狙った傷害事件と異なるのは、スクールバスが襲撃されたという点だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。