世界の教室から 北欧の教育最前線(23) 思考力を育み評価する高校の試験



スウェーデンの高校では、いろいろな教科でレポートやプレゼン課題が出され、その評価が成績に反映される。思考力や表現力を育成し評価するための課題や、その条件整備について紹介する。




学年末にレポートとプレゼン

学年末が約1カ月後に迫った5月、ウプサラ市の高校2年生の教室を訪れた。生徒たちはこれまで学んできた美術史からひとつの時代を選び、時代背景とアートの特徴についてレポートとプレゼン資料を作成し、それらを用いて口頭発表をする課題に取り組んでいた。これは歴史(文化・美術史)の授業の学年末課題だという。

生徒らは、個人あるいはペアで「シュールレアリスム」「印象派」「ロココ」などのトピックを選び、インターネットで関連する動画を見たり、紙の資料を読んだり、考えをメモしたりしていた。不安そうに、教師に口頭発表のスケジュールを確認している生徒もいた。

この課題は授業6回分、合計約7時間半を使って行われる。宿題として家庭で作業を続けてもよい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。