3人のグローバル・ティーチャーが語り合う(上)



教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」。2016年に日本人として初めて「グローバル・ティーチャー賞」トップ10に入った髙橋一也氏(工学院大学附属中学校・高等学校 中学校教頭)、2018年に同トップ50に入った堀尾美央氏(滋賀県立米原高等学校教諭)、2019年に同トップ10に入った正頭英和氏(立命館小学校教諭)の3人に、「未来を生きる子供の力」を育む実践について語ってもらった。第1回は、3人が実践する「国境を超えた学び」の実践内容と発想法に迫る。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)




何かをつくってシェアする

小木曽 教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」のトップ10、トップ50に入ったお三方ですが、まずはそれぞれの実践内容を簡単に教えてください。

髙橋 2016年の「グローバル・ティーチャー賞」では、レゴブロックを用いたアクティブ・ラーニングの授業などを評価していただきました。

よく「なぜ、レゴを使って授業をするのですか」と聞かれるのですが、逆に私は「なぜ、レゴを授業に使わないのですか」と思っています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。