世界の教室から 各国の消費者教育(3)スペインの消費者教育(下)

(公財)消費者教育支援センター総括主任研究員 柿野 成美


地方自治が進むスペインでは、自治州ごとに独自の取り組みが行われています。筆者が2011年当時に訪問して驚いたのは、17自治州のうち8自治州で、児童・生徒が訪問して授業を受ける消費者教育センター(英語表記はConsumer Learning Center)が開設され、そこで体験的な学習が行われていたことでした。
アストゥーリアス州消費者教育センター

今回紹介するのは、1997年にヨーロッパで初めて、スペイン北部のアストゥーリアス州に設立された、公立小学校を改装したリバデセリャの施設。大きく分けて10の学習ゾーンが用意されており(食生活、環境、広告、銀行、ICT、紛争解決、健康と安全、テキスタイル、薬局、市場コントロール)、訪れる児童・生徒によって、100種類以上あるプログラムから、実施内容を決めています。

筆者の訪問当時は、5施設合計で年間4万5千人が訪れており、障害がある児童・生徒、移民、失業者、教員向けのカリキュラムも用意されていました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。