「メタ認知能力」を高める教員研修 工藤勇一校長の麹町中で取組

教員の「メタ認知能力」を高める――。東京都千代田区立麹町中学校(工藤勇一校長、生徒428人)では、脳神経科学の専門家である青砥瑞人氏(DAncing Einstein代表)の協力のもと、「メタ認知能力」を高めるための校内研修に取り組んでいる。工藤校長は「教員のレベルを上げるためには、多様性が必要」とし、同研修はオープン化されている。同校教員と保護者、さまざまな職業や経歴を持った全国からの希望者ら約70人が参加している。

教員になぜ「メタ認知能力」が必要なのか。脳神経科学の知見を組み合わせて教員の成長を促す、独自の研修プログラムについて取材した。
自分自身を俯瞰的、客観的に見る能力

同研修は、米国で脳神経科学を学び、その知見を教育現場に応用した取り組みを手がける青砥氏が、工藤校長を訪ねたことをきっかけに、昨年度から試験的にスタート。ゲストとして大阪市立大空小学校初代校長の木村泰子氏も毎回参加している。

脳神経科学はまだ新しい学術分野だが、世界では教育と脳神経科学を結びつけた研究が活発になり始めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。