世界の教室から 北欧の教育最前線(25)スウェーデン人が見た日本の算数


スウェーデンで初めて授業研究を行った教員団(前回参照)が、6月上旬に来日した。今回の視察目的は算数の授業の進め方について学ぶことだった。スウェーデンの教員は、日本の教室で何を見たのか。


みんなで考える問題解決学習

視察の初日には、算数・数学教育を専門とする茅野公穂教授(信州大学教職大学院)から講義を受けた。

日本の教室では、学級全体で取り組む課題解決型の授業が行われている。学習の個別化が進む欧米の学校ではなかなか見られない光景だ。日本の典型的な授業では、前時のおさらいをしたのち、本時の学習課題が提示され、まずは児童が個別あるいはグループで課題解決に取り組む。その後、黒板の前でそれぞれの意見を発表したり、小さなホワイトボードを使って考えを説明したりして解決方法を議論する。

授業のハイライトは、それぞれの考え方をすり合わせながら、要点を強調したり本時の課題をより一般的な事象の理解に結びつけたりする「まとめ」や「振り返り」のパートだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。