小学校「教科担任制」(下)学級経営から学年経営への意識改革

横浜市は2018年度より、小学校高学年における「チーム学年経営」を推進している。今年度までに計32校を「高学年チーム力強化推進校」に指定。児童の心の安定、学力向上、教員の負担軽減を狙いとした、小学校高学年での「教科分担制」の取り組みを始めている。研究推進校として「教科分担制」を導入している同市立港北小学校(大嶋照美校長、児童796人)での取り組みを取材した。




実際にどのように分担しているのか

港北小学校は、18年度から横浜市が定める高学年チーム力強化推進校として、高学年に教科分担制を導入している。6年生では学級担任を持たない「チーム・マネージャー」(学年主任)を配置し、3学級を運営。昨年度から八田安史教諭がチーム・マネージャーとして学年全体をマネジメントしている。

同校では学級担任制をベースに、各学級担任が一部の教科を分担。分担する教科は、学年の学級担任が交換で授業を行っている。

7月現在、3人の学級担任で社会、理科、書写と外国語を、チーム・マネージャーの八田教諭が体育を分担している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。