学級に馴染めない子供たちをどう伸ばすか?(上)


「すべての子供の学習権を保障する」という理念の下、「みんながつくる みんなの学校」をつくりあげてきた木村泰子氏(大阪市立大空小学校初代校長)と、ユニークな能力のある子供の可能性を引き出す「異才発掘プロジェクト ROCKET」を率いる中邑賢龍氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)の対談が実現。学びや人との関わりに何らかの困難を抱え、学級に馴染(なじ)めない子供たちに、それぞれのアプローチで実践を重ねてきた2人が、これから必要な学びについて語り合った。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)


「風呂敷のような学校」をつくる

小木曽 木村先生は初代校長を務めた大阪市立大空小学校で不登校ゼロ、障害の有無にかかわらず、すべての子供が同じ教室で学び合い、育ち合う、多様な空気を学校につくり続けてきました。

木村 大空小を退任して4年がたちます。パブリックの学校というのは、それぞれの地域にいるすべての宝である子供が、どれだけ個性が飛び出ていようが、どれだけ違う方向を向いていようが、自分らしく安心して過ごせて、自分の学びを獲得するところでなければいけません。それが当たり前のはずです。

でも、現実にはその「当たり前」を実現するのが難しい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。