【木村泰子×中邑賢龍】学級に馴染めない子供たちをどう伸ばすか?(下)

学びや人との関わりに何らかの困難を抱え、学級に馴染(なじ)めない子供たちに対するアプローチや、子供が自分らしく輝ける環境づくりについて語ってきた木村泰子氏(大阪市立大空小学校初代校長)と中邑賢龍氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)。対談の最終回では、学校の画一的な学び自体を問い直し、学校に多様な空気をつくっていく上で何が必要なのかを、実践や経験を通して語り合った。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
子供が「多様な空気」を吸える教室を作る

小木曽 インターネットなどの普及により、これまでとは違ったタイプの不登校も出てきているのでしょうか。

中邑 今の子供たちは、大人が理解できていない領域へと先に進んでいる部分があります。例えば、ゲームの「マインクラフト」やYouTube、プログラミングの世界などに、はまり込んでいる子がいます。

それらをずっとやり続けて学校へ行かない子供がいます。「やめなさい」と注意しても暴れるばかりで、親も学校も介入が難しい。

唯一の有効な手段は、例えばマインクラフトにはまり込んでいる子供に、「専門の技術者を紹介する」と伝えることです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。