川崎スクールバス襲撃事件 岐路に立つ学校安全(3)



子供の命を守るため、大人は何ができるのか――。スクールバスを待つ小学生らが犠牲となった「川崎スクールバス襲撃事件」によって、学校や地域では防犯対策の抜本的な見直しに迫られている。第3回では、防犯教育に力を入れる千葉市立小中台南小学校の実践から、学校ができる現実的な対応策を考える。千葉市教育委員会の安全指導主任で、防犯教育の指導的立場にもある同校の月野木諭(つきのき・さとし)教諭に聞いた。




リアルな不審者からの避難訓練

――小中台南小学校では、どのような防犯教育に取り組んでいるのか。

まず、地元の警察と協力して「学校に不審者が侵入した」という想定で、リアルな避難訓練を毎年実施している。児童には「3年生のどこかの教室に入るから」程度しか事前情報を与えず、不審者に扮(ふん)した警察官が校内の教室に突然現れる。それに対し、児童がパニックにならずに適切に逃げられるか、教師が不審者から児童を守り、行動を封じられるかが試される。

実際の訓練では、犯人を取り押さえようとする教師が、何度も「刺される」ことになる。不審者役の警察官も教師も本気で訓練に取り組み、いざというときに適切に判断し、行動できるようにするための経験を積んでいる。

児童には、不審者が現れたら「とにかく1秒でも時間をかせぐこと。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。