【上田信行教授】学びをデザインする「教育建築家」の挑戦


 「プレイフル・ラーニング」(夢中になってワクワクする学び)の提唱者であり、学習環境デザインとラーニングアートの先進的な研究を行ってきた同志社女子大学の上田信行教授。かつて留学した米国では数々の学習研究者と出会い、自身の学習観や教育観を揺さぶられ続けてきたという。上田教授を突き動かしてきたものとは何か、その原点に迫った。全3回。


セサミストリートとの出会い

――プレイフル・ラーニングを研究・実践され続けています。その原点は47年前、米国のテレビ番組『セサミストリート』との出会いだったそうですね。

 セサミストリートのレギュラー放送が日本で始まったのは1972年、僕が大学4年生の時でした。当時、僕は法学部政治学科の学生で、教育とは全く違う道を歩んでいました。

 セサミストリートは、視聴覚教育や教育工学の研究成果を反映した幼児教育番組です。今では当たり前に放送されているTV教育番組ですが、当時はとても画期的でした。

 それまで学校的な学びしか知らなかった僕は、キャラクターが楽しそうに歌っていて、コマーシャルのようにテンポも速くてかっこいいその番組を見て、「教育や学びは楽しくてもいいんだ」と衝撃を受けました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。