【木村草太氏×妹尾昌俊氏】学校の当たり前を法から見直す(上)

学校の働き方改革が進められるなか、これまで「当たり前」とされてきた「学校の常識」への問い直しが始まっている。必要性や根拠の見えない「校則」や「指導」は、法の視点からどう捉えられるのか。巨大組体操やPTAなど学校関係の問題に対し、法の視点から問題提起してきた憲法学者の木村草太氏と、学校の業務改善に取り組んできた教育研究家の妹尾昌俊氏(教育新聞特任解説委員)が対談した(全3回)。




校則の法的な位置付け

妹尾 学校では「当たり前」でも、「これが当たり前で本当にいいのか」ということが多々あります。今日は憲法学や子供の人権といった知見から「ここはおかしい、もっと見直せるんじゃないか」ということを、どんどん伺いたいなと。例えば最近は、ブラック校則など学校ルールの見直しが始まっていますが、どう考えたらいいでしょうか。

木村 まず校則の法的な位置付けを明確にする必要がありますよね。校則に従わなければいけない、と定めた法律はありませんから、「学校には校則を定めても、それを強制執行する権限がない」ということが出発点だと思うんです。
妹尾 法令でもない校則をもとに、頭髪や服装などを生徒に強要はできない、というわけですね。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。