【木村草太氏×妹尾昌俊氏】学校の当たり前を法から見直す(下)


学校では子供たちが教室や廊下、トイレ掃除をすることが「当たり前」であり、「よきこと」と考えられているが、それは本当に「当たり前」なのか。さまざまな学校の常識に法的な視点を入れると、どのように考えられるのか。学校における諸問題に法律、子供の人権などの視点から斬り込んできた憲法学者の木村草太氏と、学校業務改善アドバイザーで教育研究家の妹尾昌俊氏(教育新聞特任解説委員)の対談、最終回。


掃除の法的根拠

妹尾 子供たちに掃除させることについては、いかがですか。以前ツイッターで、「子供たちに掃除をさせるのであれば、家庭科の学習のなかでやるほうがいい」と書かれていましたね。学習指導要領でも、清掃指導は「やらなければならないこと」とはされておらず、小学校は記載少々、中学校は記載なしです。学校の裁量で見直せることですが、ほとんどの教職員は「やって当たり前」と考えているようです。

木村 まず、子供たちに掃除を強要する法的根拠はほぼないということが、スタートラインです。学校は教育機関なので、教育としてなら掃除をさせてもいいのですが、教育ではないのだとしたら、子供たちに強要することはできないはずです。

ただし、教育であれば教育目標がなくてはならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。