世界の教室から 北欧の教育最前線(27) 無理しない行事の工夫

フィンランドで就学前施設に通い始めた娘の初めての行事は、親も子供も先生も無理なく楽しめる朝食会だった。園行事の事例から垣間見られる、教員の労働環境を報告する。
保護者参観は朝の時間に

フィンランドでは幼稚園・保育園の区別がなく、生後9カ月以降の全ての子供がパイヴァコティ(Paivakoti)と呼ばれる就学前施設に通うことができる。娘がパイヴァコティに通い始めて最初の父の日に、保護者が参加する「父の日朝食」があった。日本でも父の日や母の日の前後に参観日が設けられることがあるが、その朝食版だ。

ユヴァスキュラ市のパイヴァコティでは、昼食とおやつの他に、必要に応じて毎日朝食が提供されている。「父の日朝食」の日は、特別に全ての子供と父親のために朝食が用意され、いつもより少し早く登園して、親子一緒にパイヴァコティで朝食を食べる。

保護者参観は、平日に行う場合は親が仕事を休まなければならないし、休日に行う場合は先生が休日出勤しなければならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。