広島発の公教育改革 【平川理恵×三好雅章】教育長対談(上)


異なる年齢の子供たちでクラスを編制し、インクルーシブな環境で自律的、協働的な学びを重視するイエナプラン。オランダなどで発展し、日本でもそのプログラムを取り入れた私立学校が開校するなど、新しい時代の教育モデルとして注目されている。

中でも広島県福山市は、イエナプランに基づく公立学校の2022年度開設を目指し、広島県教育委員会と連携する。民間出身校長から広島県教育長に抜てきされた平川理恵教育長と、長年福山市の教育改革に取り組んできた三好雅章教育長に、目指す公教育改革の展望を聞いた(全3回)。第1回では、福山市が進めるイエナプラン校の可能性を探る。


日本初のイエナプラン公立学校

――福山市がイエナプランの公立小学校を開設すると聞いたときは驚きました。そもそも、なぜ今、イエナプランなのでしょうか。

三好 福山市では3年前から、小学1年生が言葉や数をどのように学んでいくのかに着目して、市内の二つの学校で調査をしてきました。その結果、小学校入学前に子供が過ごす環境によって、言葉や数の理解に差があることが分かりました。

小学校に入って同じ授業を受けていても、最初から教科書の内容を理解できる子供もいれば、そうでない子供もいます。子供がどのように間違えたり、理解したりしているのかを調べようと、授業を撮影した動画やテストで、学びの様子を追跡しました。

その中で分かったことは、子供は教師が教えた通りの順番に理解しているのではなく、子供同士で話したり、活動したりしながら、個々のペースで言葉や数を獲得しているということでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。