広島発の公教育改革 【平川理恵×三好雅章】教育長対談(中)


教育改革に取り組む広島県福山市では、中学校の中にフリースクールを開設し、不登校の生徒の居場所を提供している。広島県では、この「学校の中にフリースクールを作る」というユニークな施策を、県内全域に広めようとしている。平川理恵広島県教育長と三好雅章福山市教育長による対談第2回は、この取り組みの狙いを掘り下げる。


公立学校の中にフリースクール

――平川教育長は横浜市立中川西中学校の校長だったときに、校内にフリースクールを開設して成果を上げていますが、福山市で中学校の中にフリースクールを作ることになったことと関係があるのでしょうか。

平川 私がまだ中川西中学校の校長だったころ、三好教育長から直接電話をいただいたのが始まりです。私が広島県の教育長になると決まった直後の2018年1月ごろだったと思います。いきなり「明日、学校を見に行きます」とおっしゃるので、「どうぞ」と答えたら本当にいらした。思わず「さては偵察だな」と邪推してしまいました。

学校を案内しながら、校内に開設しているフリースクールや図書館などを見てもらいました。すると「これ、いいですね。やります」とおっしゃった。「やります」と言っても結局はやらない人の方が多いのですが、福山市は違いました。私が広島県の教育長に着任した4月には、もう何校かで実施に向けて具体的な話が進んでいたのです。すぐに中川西中学校で校内フリースクールの運営の中心人物だった教員を福山市に紹介して、ノウハウや個別指導計画の作り方を伝えてもらいました。

三好 中川西中学校は生徒数が1千人を超える大規模校なのに、平川校長が一人一人の子供のことを細やかに語られていたのがとても印象的でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。