広島発の公教育改革 【平川理恵×三好雅章】教育長対談(下)

イエナプランの導入や学校内のフリースクール開設など、ユニークな教育改革を進める広島県と福山市。両自治体が目指す教育行政のフロンティアとは、どのようなものなのか――。子供一人一人に応じた学びを公教育で実現するために奔走する広島県の平川理恵教育長と同県福山市の三好雅章教育長による対談最終回では、両教育長のポリシーから、これからの教育行政が進むべき進路を示す。
教育長兼校長をやりたい
――平川教育長は、教育長に就任して1年がたちました。これまでを振り返っていかがですか。
平川 正直、広島県の教育長になったときは、こんなにいろいろなことができるとは思っていませんでした。広島県教育委員会には優秀な人材が集まっていて、この1年でさまざまな改革が動きだしています。教育部には「個別最適な学び担当」が新設され、担当課長と職員が改革の最前線を飛び回っています。

就任1年目は、全ての県立学校に加え、県内の小中学校も合わせて150校ほど訪れることができました。現場を見ることでアイデアも湧いてきて、いくつかの新しいプロジェクトも動き出しました。

最終的に目指しているのは、一人一人の子供が主体的に学び、その能力を最大限伸ばしていくような状態です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。