米スタンフォード大学 ゲイリー・ムカイ博士に聞く(上)


日本と米国で40年間にわたって生徒たちと過ごし、米国における日本研究と日本における米国研究に取り組んだ、米スタンフォード大学国際異文化教育研究プログラム(SPICE)代表のゲイリー・ムカイ博士。このほど同学で教育新聞のインタビューに応じ、自身の教育哲学について明らかにするとともに、同研究プログラムの取り組みと、日本とスタンフォード大学における高校生向けのオンライン講座について語った。


生い立ち

――教育哲学が形作られた公私の経験について、いくつか質問させてください。日本でのご家族のルーツや、日本とのご関係について話していただけますか。

私は広島から米国にやってきた日系移民の3世で、常に日本との関わりを感じてきました。私の祖父、ムカイ・ブンタロウは1903(明治36)年に広島県安佐郡鈴張村(現在の広島市鈴張)を出発して、ハワイのサトウキビ畑に出稼ぎにいき、1906年にはイチゴを栽培する目的でカリフォルニアに移住しました。私の祖母、ムカイ・ワカノは1909年に祖父と結婚。いわゆる「写真花嫁」で、お互いの写真だけをみて結婚を決めたのです。

祖父と祖母のパスポートが、いまも私の手元にあります。ほかにも、祖母が祖父を見初めた写真、祖父が広島からハワイ行きの汽船の出発地だった横浜に携えたカバン、そして祖父がハワイからカリフォルニアに持っていったココナツもまだ持っています。祖父は、1910年に祖母がカリフォルニアに到着して間もなく仏壇を作って、それはいまも私の仕事部屋に置いてあります。
――そうなると、ご両親は日系2世の米国人になりますね。第2次世界大戦のとき、ご両親はどのような経験をなさったのでしょうか。博士の生い立ちに、どのような影響がありましたか。

私の父は、ブンタロウとワカノが米国でもうけた子供11人のうち7番目でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。